忍者ブログ
お知らせと画力修行用に開設しました。よろしくお願いします!
[1]  [2]  [3


うしおととらのとら作った!とりあえず形になったのでアップ!

拍手

PR


アニメーション練習用です

拍手

MAXScript メモ 調べた事自分が忘れないようにするメモ

■フレームに移動


sliderTime = 1f


■Box02を選択

select $Box02

■ワールド座標にオブジェクトを移動
名前の指定も出来るよ。

*でその名前も含むオブジェクトになる。

[0,0,0] X Y Zの数値を入力することによって、好きな場所に移動させる事が出来る。

$aa*.position = [0,0,0]


■アニメーションボタンオン!

set animate on

■オブジェクトを指定しただけ移動。

move $aa* [10,0,0]

■オブジェクトを指定した座標に移動。

$aa*.pos = [10,50,0]


■すべてのマテリアルの色を白にする

for m in meditMaterials do
(
m.Diffuse = color 255 255 255
)

■メソッド

.reload()

ビットマップを再ロードします。ユーザ インタフェースの[再ロード]ボタンを押した場合に相当します。

■シーンに使っているテクスチャーを帰えす

allUsedMaps()



■選択したオブジェクトを10にする。

for obj in selection do
(
obj.radius = 10
)
■スクリプトを登録する

macroScript taitorucategory:"タイトル"
(
)
■名前変更

obj=box()

obj.name="名前"


■選択したものに、、なにかするサンプルスクリプト

cnt = selection.count
print ( "cnt="+cnt as string )
for i = 1 to cnt do (
o = selection[i]
print o.material
print o.name
print o.pos
)

-----------------------------------

いくつか選択してから上のスクリプトを実行させたのが図。
選択されたものの名前と位置が表示されていますね。

選択されたものは selection に情報が収められています。
選択されたものの数は selection.count です。
選択されたもののオブジェクトは selection[i] で参照できます。



■クラスを調べる

showclass "オブジェクト名.*"

オブジェクトのクラスを調べる



■リスナーに値を表示

print


■すべてのオブジェクトとして扱える。コマンド

$*

■コンストラクタ、基点の座標を指定できる

pivot ...



$box*.pivot = [0,0,1000]


■モディファイヤーを乗せる


addModifier obj (Uvwmap ())

■変数は左側

a=box()

■Xホーム

ResetXForm

■アニメーションの幅

animationRange = interval 0 200

■UV軸回転

$.modifiers[1].gizmo.rotation.x_rotation += 90

■ループ 1000回ループを回して箱を作る

for i=1 to 1000 do
(
box()
)

■if文
i=9
print i
print "----"
if i<10 then="" print="" br="">else print "10以上"
print "----"
print i

■モディファイヤー削除

deleteModifier o 1

cnt = selection.count
print ( "cnt="+cnt as string )
for i = 1 to cnt do (
o = selection[i]

print o.name
print o.pos

deleteModifier o 1



)


拍手



Perfumeのモーションキャプチャデータを利用させていただいて
3ds max でのクロスと フレックスでの胸ゆれテストしました。
テストなので細かいところは修正してないけど、実践でも使えるスピード
でした。

拍手



某アニメのような爆発のテスト

拍手

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]