忍者ブログ
お知らせと画力修行用に開設しました。よろしくお願いします!
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
unity すばらしい説明があったのでメモ



//パターン1

//GetComponentを使います.
//ScriptBというスクリプトをObjectBにくっつけています。
//ObjectBのScriptBのvariableBという変数をとってきます。
var obj : GameObject; // GameObject型
var script : ScriptB; //ScriptB型(スクリプト名が型名になる)
function Start(){
obj = GameObject.Find("ObjectB");//シーン上にある ObjectB という名前のオブジェクトをobjにいれる
script = obj.GetComponent(ScriptB);objectBについてるScriptBをscriptに入れる
}
function Update(){
var variable = script.variableB;
}


//パターン2

//GetComponentを使います.
//zikiというスクリプトをzikiにくっつけています。
//zikiのzikiのtestという変数をとってきます。
var obj : GameObject;
var script : ziki;//スクリプト名のziki
function Start(){
obj = GameObject.Find("ziki");//オブジェクト名のziki
script = obj.GetComponent(ziki);//スクリプト名のziki
}
function Update(){
var test = script.test;
}


//パターン3

//GetComponentを使います.
//ぶつかったオブジェクトがEnemyというタグであれば
//EnemyのEnemyControllerというスクリプトの変数hpを1減らす

function OnCollisionEnter(collision : Collision){
if(collision.gameObject.tag == "Enemy"){
collision.gameObject.GetComponent(EnemyController).hp--;
}
}


//パターン4

//SendMessageを使います.
//ぶつかったオブジェクトがEnemyというタグであれば
//EnemyControllerというスクリプトの関数(関数名はDamagedで引数は1つ)を呼び出す


function OnCollisionEnter(collision : Collision){
if(collision.gameObject.tag == "Enemy"){
collision.gameObject.SendMessage("Damaged",3);//Damaged(3)を呼び出す。
}
}


//パターン5

//staticを使います
//ScriptAのソースコード
static var time;
function Update(){
time += Time.deltaTime;
}
//ScriptBのソースコード
function Update(){
var zikan = ScriptA.time;
}

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]